CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
楽天で探す!!
楽天で探す
楽天市場

訪問者 2011.4/28~
オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters


  
ヤマケイおすすめ最強セキュリティソフト
シマンテックストア
月々707円掛かりますが、壊れたら数万円です。重要なデータ・ファイルが消失する場合もあります。ウイルス対策・スパイウエアー対策・ポット対策・個人情報流失防止・不正侵入防止・フィッシング対策・パフォーマンスの最適化・バックアップもしてくれます。世界中で2人に1人使っている最強ソフトで備えれば安心です。


超人気のあの「ワンピース」を一気に読破したい・・・ 昔好きだったあのマンガを自宅でゆっくり読みたい・・・ 今話題のシリーズを抑えておきたい・・・そんな希望をかなえられる大人買いの老舗


一人の時間をだれにも邪魔されずにいつでも楽しめる!これからは電子書籍ですね!
↓↓↓

読みたい作品が揃う!!ひかりTVブック




光は早い!安い!お宅はまだですか?

にほんブログ村










MOBILE
qrcode
テンカラ毛ばり釣り<実践編6>
0
     

    釣果を上げることに専念するのではなく

    釣果を下げることをしないようにすることが
    結果として釣果が上がるという話をしましたが

    岩魚を釣るという意識を捨て、

    自然に虫を飛ばすことです

    これが簡単のようで非常に難しいです
    まず自分がそこにいる時点で

    自然ではありません
    岩魚にとって人間は脅威ですから

    ではどうすればいいか・・・?

    それは、

    岩魚に近づかずに虫(毛ばり)だけ飛ばす

    これだけです。

    それじゃ岩魚のいるポイントに毛ばりが
    いかないのでいつまでたっても釣れんのでは?

    とお考えでしょう・・・!
    答えはNOです。

    岩魚がもし飛ばした毛ばりを見つけたなら
    岩魚のほうから食いついてきます

    もし飛ばす毛ばりより先に
    人間に気がつけばさっと逃げてしまうでしょう!

    これが上級者でもやりがちなことで
    最大の釣果を下げている行為なのです

    魚影はあるがヒットなし

    とならないためにも
    自分が岩魚に気が付かれる前に

    毛ばりを飛ばしておくことです

    前にも話しましたが、

    岩魚が毛ばりに集中しているとき
    全く人間を見ていないからです

    これが釣り吉三平に出てくる
    一平爺さんの岩ばけの術のベースとなる

    技なのです

    岩魚の習性を知り尽くしているからこそ

    出来る究極の技です

    この技をマスターするには
    経験しかありません

    でも方法は少しわかったかと思います
    試してみてはいかがでしょうか・・・・

    次回は・・・

    釣れない岩魚でも釣る方法


    こっそり教えちゃいます???




    <テンカラ釣りアイテムの検索方法>

    ここをクリック
    フィッシング用品

    リンク先トップページ画面左の商品検索 
    上の
    四角の中にテンカラとカタカナで入力

    下の四角に中にと入力して
    キーワード検索をクリックすると

    テンカラアイテムが表示されます



    *リンク先、アフェリエイトにより、このサイトの一部運営資金にさせていただいております。ご協力お願いいたします。


    アウトドア&スポーツ ナチュラム

     
    | テンカラ・毛ばり釣り・渓流釣り・キャンプ | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
    テンカラ釣り<実践編5>
    0



      釣果を上げるなら、

      自分から近い、見やすいところへ
      毛ばりを落とすことに専念したほうが

      結果的に、釣果が上がります。
      それはなぜかというのは・・・・

      まずよく落ち着いて考えてみることです。
      ???今さら何をと・・・思うでしょうが

      釣果が下がることをしなければ
      結果的に釣果が上がることになるということです。

      それは、自分が岩魚を釣るという意識を捨てることです。

      何言ってるの?!と思われるかもしれませんが・・・

      岩魚にとっての生命的脅威の多くは
      私たち釣り人です。

      源流まで釣り人が入るようになって
      常に岩魚は警戒しています。
       
      虫を捕食することは二の次であることを
      肝に銘じておくことです。

      ならば・・・どうすればよいかはおわかりでしょうか?
      正解なら、いつも同じ釣果が上がるでしょう。

      そのことについて・・・
      次回、お話したいと思います。





      <テンカラ釣りアイテムの検索方法>

      ここをクリック
      フィッシング用品

      リンク先トップページ画面左の商品検索 
      上の
      四角の中にテンカラとカタカナで入力

      下の四角に中にと入力して
      キーワード検索をクリックすると

      テンカラアイテムが表示されます



      *リンク先、アフェリエイトにより、このサイトの一部運営資金にさせていただいております。ご協力お願いいたします。


      アウトドア&スポーツ ナチュラム

       
      | テンカラ・毛ばり釣り・渓流釣り・キャンプ | 07:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
      テンカラ毛ばり釣り<実践編4>
      0
         
        テンカラ釣りで、注意すべきことはいままでいろいろと
        述べてきましたが、まだ付け加えておくべき

        大事なことを
        思い出したので、言います。

        それは、ついつい岩魚のいそうな所へ、
        毛ばりを落とそうと、ポイントに近づきすぎてしまうことです。

        餌釣りと一番異なるところですが、
        魚のいるところへ、毛ばりを振り込むのではなく、

        自分から見て、近いところで見やすいところへ、
        毛ばりを振り込むことです。

        これは、上級者でもついやってしまうことで、
        魚の一番いそうなポイントへ真っ先に

        毛ばりを振ってしまうことです。
        気持ちが焦っていると

        ベテランでもやりがちです。
        気がつけば魚影はたくさんあってもヒットなし

        という結果になっているかも知れません。

        釣果を上げるなら、見やすいところへ
        毛ばりを落とすことに専念したほうが

        結果的に、釣果が上がります。

        なぜかというのは、次回・・・お話します。



        <テンカラ釣りアイテムの検索方法>

        ここをクリック
        フィッシング用品

        リンク先トップページ画面左の商品検索 
        上の
        四角の中にテンカラとカタカナで入力

        下の四角に中にと入力して
        キーワード検索をクリックすると

        テンカラアイテムが表示されます



        *リンク先、アフェリエイトにより、このサイトの一部運営資金にさせていただいております。ご協力お願いいたします。


        アウトドア&スポーツ ナチュラム

         
        | テンカラ・毛ばり釣り・渓流釣り・キャンプ | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
        1、木曽ヤマト岩魚
        0
          JUGEMテーマ:フィッシング
          テンカラ毛ばり釣りホームページ

          6/5に木曽のヤマトイワナに初めて会いました。
          私の釣りはもっぱら天竜川の支流 

          特に三峰川上流がほとんどでしたので
          今回木曽での釣りは、20数年ぶりです。

          過去に木曽地方でヤマトイワナを釣ったことなかったので
          足が遠のいていました。

          幸い機会があり、ヤマト岩魚に会うことができました。
          連れて行ってくれた友人に感謝です。

          三峰川のヤマト岩魚とよく似ています。
          少し、眼球が大きい気がします。

          今までテンカラ釣りの説明に画像が一度もなかったのは
          デジカメを持って釣りに行かなかったからです

          <テンカラ釣り実践編>の中に画像など取り入れながら
          将来、ホームページを作りたいと思っていますので、

          こうご期待です。
          なので、これからは釣りには必ずデジカメ持っていこうと思います

          久しぶりのしかも今年初めての竿出しでしたので、
          前日は、興奮してよく眠れませんでした。

          さてこれから、竿を出そうとおもってリュックを見ると
          竿が1本無い。どこかに落としてきてしまったのか・・・

          少し後戻りして探すも、かなり登ってきているので
          あきらめ、もう一本の竿で釣ろうと仕掛けを用意。

          しかし3.5mテンカラ竿では餌釣りするには短すぎる。
          すかさず、友人が予備の竿を貸してくれました。

          前日調達したオニチョロも分けてくれました。
          あたりはあるのですが合わせが合わず苦戦。

          虫が飛び始めたので、毛ばりがいいかな・・・
          と思っていたところ岩魚が、ライズしたので

          これはと思いすぐテンカラにチェンジ。
          それからは、ポンポン釣れ出しました。

          餌釣りも釣れていましたが、
          テンカラのほうが少し釣果はよかったみたいです。

          キャッチ&リリースで源流まで釣り上がり
          毛ばりの振れないところまでいって撤収でした。

          竿じまいは11時半。ここは木曽の山の中源流。
          帰りのことを考えて帰路に向かうことにました。

          6時から5時間半釣りながら川を上ってきたので、
          帰りは結構きつかったです。

          途中、大きな岩壁のところで昼食しました。
          小型ガスコンロでお湯を沸かしてカップスープを作り

          おにぎりと一緒に食べました。
          日帰りでも持っていけば重宝ですよ、何かの時も役に立つし。

          キャンプのときは、これでラーメン作ります。


          足元の岩の隙間にケイリュウタチツボスミレが咲いていました。
          よく見ると結構あちこちに咲いていました。

          あったぞ〜!!

          友人が無くした竿見つけてくれました。感謝です。

          リュックから抜き取られたままの状態で枝に掛かり
          よく落ちなかったと、落ちてたら、発見できなかったでしょう。

          そうこうしてるうちにだんだんと
          二人とも膝が痛くなり始めました。

          竿を出したいポイントは多々ありましたが、
          あきらめ帰ることに専念しました。

          釣れたヤマト岩魚は全体的に小ぶりでした。
          結構釣り人が入っているからでしょう

          いずこも同じヤマトの岩魚かな・・・・字余り



          <テンカラ釣りアイテムの検索方法>

          ここをクリック
          フィッシング用品

          リンク先トップページ画面左の商品検索 
          上の
          四角の中にテンカラとカタカナで入力

          下の四角に中にと入力して
          キーワード検索をクリックすると

          テンカラアイテムが表示されます



          *リンク先から購入されますとアフェリエイト成果報酬があり、このサイトの一部運営資金にさせていただいております。ご協力お願いいたします。


          アウトドア&スポーツ ナチュラム

           日本旅行     楽天トラベル     HotelClub  
          るるぶトラベル
             skygate     国内航空券最安値検索
          | テンカラ・毛ばり釣り・渓流釣り・キャンプ | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
          毛ばり・テンカラ釣り<実践編癸魁
          0
            JUGEMテーマ:フィッシング
            テンカラ毛ばり釣りホームページ

            今回は、毛ばりを落とす位置と落とし方について説明します

            その前に

            毛ばりの釣れる時間帯は?
            という検索エンジンの方がおりましたのであらためて説明します

            毛ばりは日の出から日没まで一日中釣れます
            一番釣れる時間帯は夕方~日没です

            なぜ夕方~なのかについては前にしてますので省略します

            天候ですが、晴天、曇り、小雨が降っていても釣れます

            雨が降って川が多少濁っていても、岩魚が虫を見つけて
            とらえることができる濁りの程度ならば釣れます

            ただし増水してポイントが分からない状態はNGです
            釣れないし、危険ですのでやめましょう

            毛ばり初心者の方は、曇りがお勧めです
            川に移りこむ影が薄いので、晴天より釣りやすいでしょう

            上級者の方は、晴天でも同じように釣果があるでしょう
            影を川に入れない釣り方ができるからです


            では本題の毛ばりの落とし方(攻め方)ですが

            <釣り方の基本項目>
            ・自分に近いところから毛ばりを落とし徐々に遠くを狙う
            ・岩魚の見やすいポイントへ振り込み、岩魚の出る姿を
             見ながら釣る
            ・ポイントへは3〜5回振り込み徐々に上流へ移動する
            ・毛ばりのみを水面に落とし、ラインは水につけない
            ・毛ばりを水面から引き揚げるときは、釣れてなくとも
             食い合わせの時と同じように勢いよく返す
              (釣れる時がある)
            ・合わせは1・2・3・4までのタイミングの中で
             使い分けをする
            ・速合わせのほうが、遅合わせよりいい

            (1)瀬尻(淵の頭)

            瀬尻とは、瀬の流れの最後のところで、下の淵に
            落ち込むきわ(落ち込み際)の部分。

            ここに岩魚はいることが多いので

            近ずき過ぎると瀬の中へ追い込んでしまいます
            このことで、瀬の中の他の岩魚も釣れなくなります

            瀬尻の岩魚は、瀬上流から流れてくる虫を瞬時にとらえる
            ので、合わせのタイミングが遅くなりがちです。

            毛ばりが水面に落ちてすぐアタックしてきます
            合わせが遅いと岩魚は毛ばりを追って

            そのまま下の淵へ落ちていくこともあります

            なので瀬尻の攻め方は、岩魚のいる瀬尻落ち込みより
            5〜60兢緡から毛ばりを落として
            タイミングが遅れないように合わせる

            1・2
            のタイミングの2で合わせる
            流れが遅いとき1・2・3のタイミングの3で合わせる

            もしタイミングが早くて空振りのときは
            少し間をおくと岩魚は同じ位置に戻ってくるので

            二度目を振り込むとすぐ出てきます

            速合わせでタイミングが合わなくても
            遅合わせになってしまうよりもいいです

            遅合わせのときはもう岩魚はしばらく出ません

            早合わせなら3回ぐらいはアタックしてきます
            時には5〜6回出てくることもあります

            岩魚の真上に何度も落とすと逃げられます
            少し間をおいてやや上流に落とすのがいいです

            (2)瀬のよどみ

            川のサイドに巻き込みがある時
            このよどみと瀬の中間ぐらいに、岩魚がいることが多いです

            瀬尻の岩魚よりやや遅く出てきます
            よどみと瀬の中間やや上流の位置へ、毛ばりを落とします

            振り込んで1・2・3・4の4のタイミングで合わせます
            これは岩魚に、毛ばりと認識させないための
            ギリギリのカウントです

            たいてい、いれば4のタイミングでアタックしてきます
            もし5のタイミングまで待っていたら毛ばりだとわかってしまい

            Uターンしてしまうかもしれません。
            そうなったらしばらくは出ません。

            岩魚が出なくても4のタイミングで
            毛ばりを合わせて、すぐ同じ位置に振り込む

            今度は岩魚を見ながら合わせます。
            もし出ないときは同じ4のタイミングで合わせてください

            これを数回繰り返します。もし近くにおおきな岩陰などあれば
            水面に落ちる毛ばりの音に反応して
            そちらから出てくることもあります。

            常に目線は毛ばりを注視し


            毛ばりから半径1メートル内も
            岩魚が動くのを意識しながら釣るのが重要です

            (3)落ち込み・岩陰

            落ち込みの際や岩陰には、
            比較的大物が潜んでいることが多いです

            ピンポイントで落ち込みの際や岩陰などに
            落とすテクニックが必要です
            タイミングは1・2・3の3です。

            長く落としていると流れ込みに毛ばりが流れやすく
            また、虫ではないと見破られてしまえばしばらく出ません。

            大物は警戒心が強いけれど、
            いったん虫だとは判断すると赤く大きな口を開けて
            貪欲に追ってきます。

            <テンカラ釣りアイテムの検索方法>

            ここをクリック
            フィッシング用品

            リンク先トップページ画面左の商品検索 
            上の
            四角の中にテンカラとカタカナで入力

            下の四角に中にと入力して
            キーワード検索をクリックすると

            テンカラアイテムが表示されます



            *リンク先から購入されますとアフェリエイト成果報酬があり、このサイトの一部運営資金にさせていただいております。ご協力お願いいたします。

             日本旅行     楽天トラベル     HotelClub  
            るるぶトラベル
               skygate     国内航空券最安値検索
            | テンカラ・毛ばり釣り・渓流釣り・キャンプ | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
            毛ばり・テンカラ釣り<実践編癸押
            0
              JUGEMテーマ:フィッシング
               テンカラ毛ばり釣りホームページ

              前回のおさらい<実践編癸院
              (1)岩魚は日中水面から上に神経を集中させ
                水面に飛んでくる虫を捕食しようとしてすぐ反応する
              (2)見える魚は釣れる
              (3)2度目の振りのときのほうが早くアタックしてくる

              今回は、私の道具について語りたいと思います

              ロットの長さは3〜3,5m
              伸縮するタイプのダイワテンカラ竿

              3,3メートルのテンカラバス
              ハリス1.5号長さは80〜90

              毛ばりは6号黒系(こげ茶・濃い紫・黒)

              キャッチ用の携帯折りたたみ式たも
              指先を切った軍手
              偏光グラス
              釣りのチョッキ
              この中にはテンカラバス長さを変えて3種類
              針は10本ほど(黒系)
              テグス1.5号
              カッパ用ごみ袋
              漁協の鑑札
              塩キャラメル
              ライター
              ナイフ
              スパイラルコードつきフォーセップ
              以上大体こんな感じです

              岩魚の習性ですが

              虫(毛ばり)に神経が集中しているときは
              ほかは見ていないのです

              これをうまく利用すれば釣っている自分も
              岩魚は見ていないことになります

              これは「釣り吉三平」の中で三平と一平じいさんが
              テンカラ釣りで勝負したとき
              一平じいさんが自然の中に溶け込み
              岩魚に姿を見られずに
              川の中まで入ってたくさん釣りあげ
              三平に勝った究極の釣り方です

              ずっとこの技がほんとかどうか信じてませんでしたが
              岩魚の習性をよく知れば
              それに近いものは出来ると思います

              この技は岩魚をよく見ながら釣るテンカラ釣り
              だからこそできる技だと思います

              話が飛躍してしまいましたが

              合わせのときかなりの負荷がハリスにかかります
              切れにくい1.5号のほうが安心です

              釣果が落ちるのでは・・・とご心配でしょうが
              虫(毛ばり)に集中していれば1,5号でも
              岩魚にとってそれは見えてないも同然です

              折りたたみの携帯たもは私は左手に持って
              テンカラを振ります

              釣ってからたもを持ち替えていると
              ばらしやすいです(何度も悔しい思いをしました)

              前にもいいましたが
              川に影を入れないように釣るので

              釣る場所が岩の上だったり川の中だったりします
              どこにいても取り込めるには
              たもは必須です

              岩魚をよく見ながら釣るには
              偏光グラスは必須アイテムです

              クーラー式の釣り用ショルダーバッグ
              夏は重宝です

              私は夏場では地下足袋が
              軽くていいと思って使っています
              滑りにくいフェルト底のがいいと思います

              今回のまとめ<実践編癸>
              (1)岩魚は毛ばりに集中しているときは
                他を見ていない
              (2)偏光グラスで岩魚を常に見ながら釣る
              (3)たもをもってテンカラを振る
              (4)川に影を入れない位置で釣る

              次回は毛ばりを落とす位置と落とし方について
              語りたいと思います

              テンカラ釣りアイテムは
              こちらから検索できます
              フィッシング用品
              リンク先トップページ画面左商品検索から
              上の四角の中にテンカラ(カタカナ入力で)
              下の四角に中にと入力して
              キーワード検索クリックすると
              テンカラアイテムが出てきます

              *リンク先から購入されますとアフェリエイト成果報酬があり、このサイトの一部運営資金にさせていただいております。ご協力お願いいたします
              | テンカラ・毛ばり釣り・渓流釣り・キャンプ | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
              渓流釣り・キャンプ<お役立ち的な話>
              0
                JUGEMテーマ:フィッシング
                テンカラ毛ばり釣りホームページ

                テンカラ釣りはキャンプをするとよい話をしましたが、
                キャンプについてもちょっとしたお役立ち的なことを
                語りたいと思います。

                まずキャンプする場所選びですが、
                夜雨が降ったりして川が急に増水することもありますので

                川から離れた高い位置を選んでください。
                私は単独で行くときは、テントは張らずタープのみが多いです。

                これは荷物が重くかさばるからです。寝袋とマットは必ず
                持っていきます
                寝袋も3シーズン用がいいと思います

                夏でも朝方結構寒いです。マットは夜雨が降ったとき、
                地面が濡れてきますので、寝袋が濡れないためと、

                やはりごつごつしたところでは、睡眠が浅くなり
                疲れがとれません。なるべく平らな地面を探すのですが、

                石や木の根など何がしかあり、快適に寝るにはマットは
                あったほうがいいですね
                。テント持って行った時も必ず

                マットも持っていきます。複数人のキャンプなら
                テントのほうがいいでしょう。荷物も分散できますし、

                何より楽しいですね。
                テントのときもタープはあったほうがベストです。

                やはり雨が降ったとき、タープは助かります。
                このタープの張り方ですが、木を利用します。

                テント場は、タープやテントを吊るのに適当に
                木がある場所を選
                んだほうが、それらを張るときに楽です。

                私の場合、ビニールの軽いロープひもを必ず持っていきます。
                タープを吊ったり、物干しを吊ったり、

                一度、このビニールひものロープで命拾いしたことも
                ありました。この話は、三峰川源流釣り紀行

                (未定ですが近々)のときお話したいと思います。

                薪の調達ですが、雨が降ってしまえば燃えないので、
                はじめから、
                小型ガスコンロを持って行ったほうがいいです。

                ひとつあれば炊飯・インスタントラーメン・お湯沸かしなど
                とても重宝します。

                私の場合ですが、キャンプに持っていく食材は、
                米・塩・ふりかけ・インスタントラーメン・プルキャップの缶づめ・

                キャラメル・インスタントコーヒー・焼酎です。
                調理道具は小型ガスコンロ・ラーメンを煮る鍋・飯合・

                ステンレスカップです。
                後必ず岩魚の刺身を食べるので、

                釣りのベストのポケットには、魚をさばくのに必要な、
                ステンレス製の小型ナイフ
                が入っています。

                まな板代わりになるのが、飯合の内ふたです

                後醤油とワサビも持ってきます。

                キャッチアンドリリース派の方にはひんしゅくですが、
                私は釣った岩魚は必ず食べます。

                腹を裂き、どんな虫を食べているかチェックして、
                木の枝にさして塩を振って薪の直火で焼いて食べます。

                これがキャンプの楽しみなんです。岩魚の塩焼きのつまみで
                川の水の水割で焼酎をのむ。最高です。

                ヤマトイワナの生息地では、水もきれい。
                水温も低い
                ので、水割でいけます。

                もちろん調理するのに川の水。
                コーヒーもまろやか美味しいです。

                朝飲むコーヒーは、最高です。周りは大自然。
                朝霧が出ていることが多いなか、小型ガスコンロで

                お湯を沸かして、ステンレスカップでのみます

                ちょっと冷まさないと、ステンレスカップは、

                唇やけどしますので、ご注意を。

                コーヒーを飲みながら自然を満喫。
                キャンプはいいですよ


                ただ夏でも朝結構寒いです。たいてい寒くて目が覚めます。
                日が出てくると暖かいんですが、それまでの時間寒いので、

                ヤッケなど軽量な防寒着を
                一枚持っていった方がいいですね


                カッパですが、私の場合釣りのチョッキのポケットにいつも、
                たたんだごみ袋が入ってます。

                急な雨でも首・腕の部分袋に穴を開けチョッキのように着ます。
                つばのある帽子をかぶっていれば、ほとんど体は濡れません。

                動きやすいし、破れてもスペアーの袋持ってれば
                すぐチェンジ出来るし、軽くてかさばらないので重宝してます。

                ビジュアル的には、変ですが、上流域では、誰もそれ見てないし、
                仮に見られても平気ですし。あくまで私の場合ですので・・・。

                後薪を使うのに、晴れていればよいのですが、
                雨が降ったりして濡れた薪しか見つからないとき


                立ち枯れの木を探してください。葉がなく枝が枯れ
                落ちてている状態なら中は乾燥しています。

                この立ち枯れの木には、何度もお世話になりました。
                よく燃えるので炊きつけ時に使うといいでしょう。

                薪の焚きつけるとき、一番下に空気口を作っておくと、
                よく燃えます


                まずUの字型に石を組みます。焚きつけ口は
                石を組まず開けておく。3〜4僂阿蕕い梁世気了泙髻

                20僂阿蕕い猟垢気烹緩椣明擇辰董■沖僂らいに
                すきまを開けて、自分からみて縦に並べます、

                その時並べた木の下も少しほじって空気が入るように
                しておくといいです。

                空気は、木の隙間と下から入る仕組みになります
                これでこの上に、着火用の新聞紙をくしゃくしゃに丸めて、

                両手いっぱいぐらい小枝を載せます。着火すると白い煙が
                上がりますが、そのままいじらないでいると、ボンと一気に

                着火します。徐々に太い枝を載せていきますが、
                空気が通るように向きを変えながら載せるのがコツです。

                ある程度太い枝が燃えればもう大丈夫。
                後は火加減見ながら薪をたすだけです。

                もうその頃には、下の空気層の木も燃えているでしょうが
                薪をたしていれば空気層関係なく燃えます。

                火がとぼってしまったときは、また空気層作ってから
                やったほうが燃えます。

                飯合の薪での焚き方
                ・・・
                炊くとき内ふたははずす。米は30分以上水で浸す

                浸さないとこわいです。Yの字の枝を石の両側へさす。
                これに木の枝を渡す。渡した木の枝に飯合を吊るす。

                この吊るすのに便利なのが、盆栽などに使う
                太いアルミ製針金
                です。直火ですのでこのアルミ針金なら

                長さが自由になりとてもいいですよ。持っていくと役立ちます。
                私の場合は、いつも飯合の内ふたに入れてあります。

                長さ30僂△譴个いい任后
                直火の飯合は意外と速く炊けます

                焦がさないように注意しましょう。
                ふたからシュウシュウとあわがふき出してきます、

                そのシュウシュウがやがてなくなり、静かになったら、
                火から遠ざけます
                プチプチ音が始まったら

                焦げ始めです。すぐ火からおろしてふたを取らずに、
                そのままひっくり返し10分蒸らしましょう


                10分経ったら、焦げ始めのかたい部分は
                柔らかくなっています。

                天地返しして、湯気を抜いてあげると
                おいしいご飯になります


                ふたが緩く持ち上がってしまうときは、
                石を乗っけて炊くと、うまく炊けます


                ご飯が余ったときは、ふりかけを混ぜておにぎりに。
                飯合は洗っておしかけをしておけば、朝の分のご飯が

                すぐ炊けますね。
                ガスコンロのときも同じ要領で炊けます。

                水加減ですが、飯合には2本水位線が入っています。
                上が4合下が2合のときです


                これさえ間違わなければ大丈夫です。3合なら中間です。
                4合が限界です。

                米は合数を計って、小分けして持っていくと
                炊くとき都合がいいですよ。

                PR<小型ガスコンロ>

                Coleman(コールマン) アウトランダー マイクロストーブ PZ
                折畳式ごとくの採用で携帯に便利な小型ストーブ ¥3780

                キャンプ用品がお買い得!
                フライにトラウトなどフィッシング用品はコチラ!
                | テンカラ・毛ばり釣り・渓流釣り・キャンプ | 14:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
                毛ばり・テンカラ釣り<実践編癸院筝える魚は釣れる
                0
                  JUGEMテーマ:フィッシング
                  テンカラ毛ばり釣りホームページ


                  テンカラ釣りは思い立ったときにすぐいつでも行ける
                  手軽さがあります。

                  えさの調達はいらないし、
                  何より日中でも釣れる点にあります。
                  えさ釣りは晴れていれば朝10時くらいまでは釣れても

                  日中は全く釣れなくなります
                  これは岩魚の習性にあります。

                  日中は水中のえさより水面のえさを捕食しようと
                  常に水面から上を見ているからです。
                  また、水面に落ちてきた虫の音にも敏感に反応します


                  それは私が、まだテンカラ釣りをしない頃のことでした。
                  昼すぎころいつものようにえさの調達(川虫)をしてから
                  釣り場へいきました。

                  その日は晴天魚影はあるのですが、
                  全く釣れません
                  でした。砂防堰堤下まで釣って
                  今日は釣れないし帰ろうと思っていたところ、

                  「ポチん・ポチん」となにやら雨だれのような音がしたのです。
                  おかしいなこんなにいい天気なのに
                  どこから音がするんだろうと、

                  その音のほうにそうっと近づくと、
                  水面に岩魚がいるではありませんか!

                  そのまましばらく見ていると、
                  大きく輪を描いて水面に近づく、小さな虫を追って
                  食べているのでした。

                  私は何かの時使おうと、
                  持っていた毛ばりを試してみました

                  岩魚のいるところへ身を伏せながら近ずき、
                  ポーンと一振り
                  岩魚は何のためらいもなく毛ばりに向かってきました

                  以前「釣りきち三平」で読んだので岩魚の出方は
                  知ってましたが、
                  初めてその毛ばりに向かってくる姿を見て、
                  興奮しました。

                  空振りしました。合わせが速かったのです
                  ドキドキを押さえながら、もう一振りしました。

                  さっきより早く毛ばりにアタックしてきました。
                  ドンピシャタイミング。

                  岩魚は二度目のほうがしっかり食いに来ることを、
                  そのあとの経験でわかってきました。
                  それ以来えさ釣りはしなくなりました。

                  餌釣りの常識「見える魚は釣れない」をま逆に覆す

                  「見える魚は釣れる」のが毛ばり釣りなのです

                  今日のまとめ<実践編癸院
                  (1)岩魚は日中水面から上に神経を集中させ
                     水面に飛んでくる虫を捕食しようとしてすぐ反応する
                  (2)見える魚は釣れる
                  (3)2度目の振りのときのほうが早くアタックしてくる
                   

                  <テンカラ釣りアイテムの検索方法>

                  ここをクリック
                  フィッシング用品

                  リンク先トップページ画面左の商品検索 
                  上の
                  四角の中にテンカラとカタカナで入力

                  下の四角に中にと入力して
                  キーワード検索をクリックすると

                  テンカラアイテムが表示されます


                  *リンク先から購入されますとアフェリエイト成果報酬があり、このサイトの一部運営資金にさせていただいております。ご協力お願いいたします。

                   

                  日本旅行     楽天トラベル     HotelClub  
                  るるぶトラベル
                     skygate     国内航空券最安値検索
                  | テンカラ・毛ばり釣り・渓流釣り・キャンプ | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  毛ばり・テンカラ釣り<釣果を上げるポイント4>
                  0
                    JUGEMテーマ:フィッシング
                    テンカラ毛ばり釣りホームページ

                    <釣果を上げるポイント4>


                    今回は、
                    <こげ茶〜黒系小さめの針がなぜよいのか>

                    ですが・・・
                    その理由のひとつは、

                    水面に毛ばりを投げ入れた時に、
                    毛ばりが見えやすい
                    と私は思います。

                    これは岩魚も同じではないでしょうか。
                    コントラストがはっきりしているので、

                    食いつきがいいようです。
                    ただここで、毛ばりは大きいほうがより目立って、

                    よりいいように思いがちですが、
                    毛ばりが大きいと岩魚にとっても、

                    はっきりと見えているので、
                    その毛ばりが虫ではないということを

                    瞬時に悟られやすいと思うのです。
                    ユーターンされたら、しばらくは出てきません。

                    なのでちいさいほうが、
                    本物のいつも食べている虫だと思って、

                    食いついてくるのだと思います。
                    小さいほうが、大きい毛ばりより釣果はいいです

                    針は小さくてもちゃんと尺物もしっかり釣れます。
                    次回は、

                    今まで書いた釣果を上げるポイントについて、
                    さらに詳しく、

                    実例のテクニックや注意点を挙げながら
                    説明したいと思います。

                    マウンテンスミス特集
                    ケシュア特集

                    <テンカラ釣りアイテムの検索方法>
                    ここをクリック
                    フィッシング用品

                    リンク先トップページ画面左の商品検索 
                    上の
                    四角の中にテンカラとカタカナで入力

                    下の四角に中にと入力して
                    キーワード検索をクリックすると

                    テンカラアイテムが表示されます


                    *リンク先から購入されますとアフェリエイト成果報酬があり、このサイトの一部運営資金にさせていただいております。ご協力お願いいたします。

                     


                    日本旅行
                         楽天トラベル     HotelClub  
                    るるぶトラベル
                       skygate     国内航空券最安値検索
                    | テンカラ・毛ばり釣り・渓流釣り・キャンプ | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    毛ばり テンカラ釣り<釣果を上げるポイント3>
                    0
                      JUGEMテーマ:フィッシング
                      テンカラ毛ばり釣りホームページ

                      前回までのまとめ
                      毛ばり釣り、テンカラ釣り

                      <釣果を上げるポイント癸院
                      (1)岩魚がどこにいるか常に考える
                      (2)岩魚がよく見えるポジションで釣る
                      (3)岩魚を虫(毛バリ)に集中させる
                      (4)背中に太陽を背負わない…
                         自分や竿の影を川に入れない


                      <釣果を上げるポイント癸押
                      (1)夕方〜日没の時間帯に釣る
                      (2)キャンプの設営は日中にすませる
                      (3)翌朝はえさ・毛ばり両方釣れる


                      以上話しましたが、
                      今回はどんな毛ばりがよく釣れるか・・・?

                      ですね・・・いろいろ試しましたが
                      結論から言うと

                      こげ茶〜黒系です
                      針は小さめです

                      異論の方もいると思いますが
                      私はいつもこのタイプの毛ばりです

                      針は小さくても尺物でもしっかり食いつきます

                      針サイズ5〜6号くらいですかね
                      餌釣りに使う針より

                      ふたまわりくらい小さいほうがいいようです
                      私の場合ですので異論はあると思います

                      こげ茶〜黒系小さめの針がなぜよいのか
                      次回語りたいと思います


                      アウトドア&フィッシング&スポーツ

                      <テンカラ釣りアイテムの検索方法>

                      ここをクリック
                      フィッシング用品

                      リンク先トップページ画面左の商品検索 
                      上の
                      四角の中にテンカラとカタカナで入力

                      下の四角に中にと入力して
                      キーワード検索をクリックすると

                      テンカラアイテムが表示されます


                      *リンク先から購入されますとアフェリエイト成果報酬があり。このサイトの一部運営資金にさせていただいております。ご協力お願いいたします。

                       

                      日本旅行     楽天トラベル     HotelClub  
                      るるぶトラベル
                         skygate     国内航空券最安値検索
                      | テンカラ・毛ばり釣り・渓流釣り・キャンプ | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      << | 2/3PAGES | >>
                      RECENT COMMENT
                      LINKS
                      PROFILE
                      OTHERS