CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
楽天で探す!!
楽天で探す
楽天市場

訪問者 2011.4/28~
オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters


  
ヤマケイおすすめ最強セキュリティソフト
シマンテックストア
月々707円掛かりますが、壊れたら数万円です。重要なデータ・ファイルが消失する場合もあります。ウイルス対策・スパイウエアー対策・ポット対策・個人情報流失防止・不正侵入防止・フィッシング対策・パフォーマンスの最適化・バックアップもしてくれます。世界中で2人に1人使っている最強ソフトで備えれば安心です。


超人気のあの「ワンピース」を一気に読破したい・・・ 昔好きだったあのマンガを自宅でゆっくり読みたい・・・ 今話題のシリーズを抑えておきたい・・・そんな希望をかなえられる大人買いの老舗


一人の時間をだれにも邪魔されずにいつでも楽しめる!これからは電子書籍ですね!
↓↓↓

読みたい作品が揃う!!ひかりTVブック




光は早い!安い!お宅はまだですか?

にほんブログ村










MOBILE
qrcode
<< 葬式の霊的体験2 | main | 愛犬の死 2 >>
愛犬の死
0
     この話は私が実際に体験した話です。

    私が小学校へ上がる年に、父が家に小さな芝犬を連れてきました。以前飼っていたスピッツがいなくなってしまったからです。名前は“ゆりか”と父がつけました。めす犬です。

    母の言うにはどうやら父の元彼女の名前らしいです。それはともかく、“ゆりか”はその生涯でたぶん一度もその名前では呼ばれなかったと思います。通称“ゆり”。このなまえで呼ばれていました。

    ゆりはとても気性が強くて、飼い主でも噛み付くとペットショップの人は言っていましたが、実際にかまれたことはありませんでした。しかし、ご飯中のときとか近づくと「ウ〜」と鼻にしわを寄せてうなることもありました。

    当時はまだ散歩は離し飼いで、外で自由に遊ばせて30分ぐらいたつと家に戻ってきました。それに、口笛で呼ぶとすぐ戻ってきたので放し飼いはいつものことでした。

    私が中学3年のとき、学校から帰ると、ゆりはいつものように、放し飼いで道路を走り回っていました。その頃になると自動車の量も増えてきました。その日、ゆりは運悪く自動車にはねられてしまいました。

    「キャイン〜!」とゆりの鳴く声が聞こえたので、すぐそばに駆け寄って見ると、「ハア、ハア」と息苦しそうに道路に横たわっていました。負傷していたのは片方の足でした。

    見ると、骨がボッキリ折れていて、ぶらぶら状態でした。すぐ抱きかかえて、家まで戻りました。家には誰もいませんでした。私はとっさに以前本で読んだことのある、骨折した時の応急処置を思い出しました。

    だめもとでとにかくやってみることにしました。適当な当て木を作って、マスキングテープを出して、横たわっているゆりのところへ戻り、すぐ応急処置を始めました。

    折れている足をいったん少し伸ばし、そしてまっすぐに元に戻した状態で、両サイドに当て木して、マスキングテープでぐるぐると包帯のように巻きつけて固定しました。

    その間、ゆりはおとなしく、されるがままでした。仕事から帰った父は、「こんなことで治るわけないよ」と言ってました。応急処置の仕方を説明すると、「それならそのままにしとけばいいかも」と納得しました。

    1か月がたつころ気がつくとゆりは、時々骨折した方の足を地面に少し付けるようになりました。私は骨折した足のマスキングテープを外してあげました。骨は完全につながったようです。

    それから半年くらいは、見ているときは片足で歩き、見てないときは骨折した方の足も地面につけるようになりました。犬でも、同情されたいんだな〜そう思ってました。

    それか、私を見るたびに思い出しているのかも知れません。交通事故のことを・・・。

    それから月日は流れて私も社会人になり、家を離れて暮らすようになりました。たまに帰ってゆりに合うのが楽しみでした。

    それから3年後、ゆりはもう16歳。その頃になるとゆりは、白内障で目が良く見えず耳もかなり聞こえなくなっていました。たまに家に帰ると、見えてないのにゆりに近づくと尻尾を振って喜んでくれました。

    人間で言ったら80歳以上でしょうか。かなりよぼよぼしてきました。それから数カ月後、ある朝私は、夢を見ました。ゆりが夢に出てきたのです。でもなぜかその時ゆりの頭がぱっくりと割れてしまったのです。

    そしてその場に横たわってしまいました。

    そこで目覚めて、いやな夢だなと思いながらふと気になって、家に電話を入れました。

    母が電話に出ると、いきなり「今朝おきて見るとゆりが死んでた・・・」と悲しげに話してくれました。「2~3日前から寝てばっかりで、今朝も寝ていると思ったら息してなかった。眠るように死んでいったよ・・・」と私が話をする前から喋り始めました。

    私は「今朝、夢でゆりが死ぬのを見たよ・・・」と母にいうと、「やっぱり最後は一番好きだった人のところに行くんだね・・・」と言いました。

    私は最後のゆりに会いたかったけれど、ゆりは、ゆりの生涯の最後の瞬間に、ゆりの方から、私に会いに来てくれました。だから、私のその最後の瞬間に会いたかった気持ちが救われました。ありがとう“ゆり” (涙・・・涙)
    | 霊的体験・金縛り対策治し方 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    RECENT COMMENT
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS