CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
楽天で探す!!
楽天で探す
楽天市場

訪問者 2011.4/28~
オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters


  
ヤマケイおすすめ最強セキュリティソフト
シマンテックストア
月々707円掛かりますが、壊れたら数万円です。重要なデータ・ファイルが消失する場合もあります。ウイルス対策・スパイウエアー対策・ポット対策・個人情報流失防止・不正侵入防止・フィッシング対策・パフォーマンスの最適化・バックアップもしてくれます。世界中で2人に1人使っている最強ソフトで備えれば安心です。


超人気のあの「ワンピース」を一気に読破したい・・・ 昔好きだったあのマンガを自宅でゆっくり読みたい・・・ 今話題のシリーズを抑えておきたい・・・そんな希望をかなえられる大人買いの老舗


一人の時間をだれにも邪魔されずにいつでも楽しめる!これからは電子書籍ですね!
↓↓↓

読みたい作品が揃う!!ひかりTVブック




光は早い!安い!お宅はまだですか?

にほんブログ村










MOBILE
qrcode
<< 祝 訪問者20000人突破 | main | ONEPIECE ワンピース YOU TUBEアニメ無料動画1話〜50話 >>
15、省エネ&健康住宅、ビニールクロス壁の怖さ
0
    JUGEMテーマ:マイホーム
    (再掲載記事)(クロス壁の健康被害と怖さについては後半で説明しています。)
    <省エネ住宅について>
    住宅で使われるエネルギーの中で、大半を占めるのは暖房と冷房です。

    このエネルギーを最小限に抑えるために、外気温に、影響されないように住宅を作ることが大切ですね。

    土の中に住宅を作れば外気温に左右されず、冬暖かく夏涼しいです。縄文〜弥生時代の横穴、竪穴式住宅がそうです。これに近いもので、現代でも土蔵があります。

    土蔵は壁ばかりでなく、屋根下も土が乗っていて、四方すっぽり土に覆われていて、洞穴に土戸が付けられた状態に近いです。温度ばかりでなく湿度も年中ほぼ一定です。この点が、単に高断熱されている住宅と大きく異なるところです。

    土蔵は米や貴重品の貯蔵に使われています。また、住宅にしている人もいます。

    しかし、すべての人が土蔵を住宅にする事は、実際には価格と工期や嗜好の問題など、建て主のニーズに合致しないところがあります。

    それではさて、住宅の省エネ方法を考えますと、一般に多いのが高気密・高断熱です。

    壁・屋根・床をすっぽり断熱材で丸ごとくるんでしまえば一番断熱効果が上がります。また気密性も上がります。サッシも断熱サッシにすれば、良いのです。

    <健康住宅について>
    高気密高断熱住宅は、欠点もあります。すきまかぜなどの自然換気がないので湿気がこもり結露します。また年中温度変化が少なく、カビ・ダニが発生し易い環境になり、ぜんそくの原因にもなっています。

    さらに、建材に含まれるホルムアルデヒド(揮発性有害物質の総称)が家の中の空気中にこもるので、自律神経失調症や、アトピーなどの原因になっています。

    これらが、シックハウス症候群といわれているものです。シックハウスをなくすにはどうすればよいのでしょうか?

    シックハウス症候群が取りざたされてから十数年、省エネ住宅を推奨してきた国はその因果関係を知りながら、ずっと規制をかけずに放置していました。

    ようやく平成15年7月1日〜24時間換気の設置を義務付けるようになりました。

    平成15年以前に建てられた高気密高断熱住宅は、後からでも24時間換気システムをつけられますので、つけたほうがいいです。自然換気と強制換気の2種類タイプがあります。

    どちらも、外気吸入口と排気口をペアでつけていく方法です。吸気口は居室・寝室に、排気口は湿気が一番出る浴室や臭いが出るトイレに取り付けるのがいいです。

    また、熱のロスをすくなくする、熱交換機能の付いたタイプや、花粉やウイルスを除去したり、タバコなどの匂いを除去するものもあります。

    カビ・ホルムアルデヒド対策に有効なのが、調湿効果の高い建材を使うのがいいです。壁材なら、珪藻土や漆喰などの多孔質のものが調湿効果が高いです。

    カビの発生もなく、またホルムアルデヒドを吸着し、取り込んで逃さない性質もあります。防虫防腐材を含まない自然素材です。

    <ビニールクロス壁の怖さ>
    広く一般に普及しているクロス壁には、防虫剤・防腐剤・防かび剤などが含まれていて、ホルムアルデヒドの発生要因になっています。

    ホルムアルデヒドは、アトピー性皮膚炎・ぜんそく・頭痛・目がちかちかするなどの症状のほか、自律神経失調症の原因になっています。

    また、防炎剤・安定材としてヒ素・水銀・鉛・バリウム・クロムなど重金属が使われています。食品ではないので、食べることはまずないと思いますが、食べたら危険です。

    多く普及しているビニールクロスは、塩化ビニールで作られているため、燃えると、有毒なダイオキシンが発生します。

    いったん火災が起きると、有毒なガスが大量に出るため、これを吸いこんで呼吸が止まって、逃げ遅れ火災で亡くなるケースが非常に多いのです。

    このため、国は、新築住宅の火災報知機設置の義務化を平成18年6月1日より実施しました。既存住宅については、平成23年6月1日までに義務化となりました。

    シックハウスの要因や火災死亡要因のビニールクロス壁に規制をかけることなく、24時間換気の義務化、火災報知機設置の義務化をしてきました。

    物事の真意を考えたら、ビニールクロス壁を使わなければ、良いのではないでしょうか? 欧米では、クロス壁に規制がかかっています。特にドイツの「RAL(ラル)基準」が有名です。

    RAL(ラル)とは、14社のメーカーが創設した壁紙品質保証協会とドイツ品質管理・標識協会が、1990年に作った壁紙の安全基準のことです。

    健康面、環境面などに多岐にわたって配慮しており、既存のヨーロッパ標準規格を上回る品質検査規定として知られています。

    日本でも、2007年にようやく、自主規制として日本壁装協会が「ISM壁紙」(インテリア・セーフティ・マテリアル 略称 イズム)を定めました。日本では一番厳しい基準です。

    ISM壁紙の基準値

    これはホルムアルデヒドを含む、化学物質の発散を最小限に抑えた壁紙の基準です。

    しかしながら、この基準値を見てさらにがっかりします。確かに、ホルムアルデヒドや重金属の使用数値は減っていますが、有害物質が数多く使われていることに愕然とします。

    一番厳しい自主基準の「ISM壁紙」でこの程度ですから、そうでない壁紙ってどれだけ有害物質がつかわれているか分かりませんね。

    日本は、食品に対しては厳しいのですが、建材に対しては甘すぎと思います。罰則がないのも規制がかかっていないのと同じです。

    <省エネ住宅に戻ります・・>
    さて、住宅で使われるエネルギーで一番多いのが冷暖房費ですが、それではその次に多いエネルギー消費は何でしょうか?

    そうですね・・・給湯です。その次は何でしょうか?

    そうですね・・・照明です。
    あと各種電化製品などです。こう考えてみると、電気が一番使われるようです。

    太陽光発電していったん電気エネルギーに変えてしまえば、冷房にも、暖房にもまた給湯にも照明にも、各種電気製品にもすべて使えます。

    余った電気は売電出来ますので、非常に経済的です。設置に費用がかかっても、数年で元が取れ、以後は、余った電気で副収入となります。

    太陽光利用でもう1つの方法は、蓄熱させて使う方法です。建物の壁や屋根からとりいれた暖かい熱を床下へ蓄熱させる、ソーラーシステムです。この場合は、冬の暖房費が押さえられます。

    屋根に取り付けの太陽熱温水器と太陽光発電と組み合わせれば、燃料費はゼロ。

    どちらも設置費用がかかりますが、地球環境を考えたらCO2ゼロのクリーンエネルギーです。費用対効果を考えても数年で元が取れます。以後は副収入のお楽しみです。

    これからさらに、国や自治体の補助金の利用で設置がすすむと思います。化石燃料に頼らないエネルギー供給と需要がこれからの、日本の使命だと思います。


    ブログ内で自分で塗れる珪藻土、健康塗り壁ケンコートの紹介をしています。→自分で塗れる、健康塗り壁ケンコート


    【無料・最安】価格.comの太陽光発電一括見積り!複数社の見積りを比較!
    | - | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.pechika.info/trackback/143
    トラックバック
    RECENT COMMENT
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS