CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
楽天で探す!!
楽天で探す
楽天市場

訪問者 2011.4/28~
オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters


  
ヤマケイおすすめ最強セキュリティソフト
シマンテックストア
月々707円掛かりますが、壊れたら数万円です。重要なデータ・ファイルが消失する場合もあります。ウイルス対策・スパイウエアー対策・ポット対策・個人情報流失防止・不正侵入防止・フィッシング対策・パフォーマンスの最適化・バックアップもしてくれます。世界中で2人に1人使っている最強ソフトで備えれば安心です。


超人気のあの「ワンピース」を一気に読破したい・・・ 昔好きだったあのマンガを自宅でゆっくり読みたい・・・ 今話題のシリーズを抑えておきたい・・・そんな希望をかなえられる大人買いの老舗


一人の時間をだれにも邪魔されずにいつでも楽しめる!これからは電子書籍ですね!
↓↓↓

読みたい作品が揃う!!ひかりTVブック




光は早い!安い!お宅はまだですか?

にほんブログ村










MOBILE
qrcode
<< 8 玄関ポーチタイルリフォーム | main | 9 ブロック塀倒壊防止補強工事施工方法(控え壁)、ジョリパット櫛引き仕上げ >>
リンクストーン施工方法
0
    JUGEMテーマ:マイホーム
    JUGEMテーマ:リフォーム
    リンクストーン施工

    今回の工事は、庭の中央に錦鯉のいる大きな池があり、セメントでの洗い出し施工は無理なため、天然石舗装材をウレタン樹脂で練り塗りつけるリンクストーン施工を採用しました。天然石の温かみを生かしながら、滑りにくくさらに透湿性があるので、水たまりが出来にくいのが特徴です。セメントの洗い出しが出来ない場所、コンクリートやモルタル床面へのリフォーム施工も可能です。→シコク化成
    それでは、施工方法を説明いたします。下地はコンクリートまたはモルタルの金鏝押さえです。
    クラックコーキング
    今回コンクリート打設後、クラックが入ってしまった箇所は、ダイヤカッターで目地切り後、変性シリコンコーキングを打ちしました。将来の表面へのクラック防止のためです。土間メッシュが入っているのでこれ以上クラックが入らないと思いますが、やっぱり水養生するべきでした。プライマー
    割れ止め処理後、砂利を塗りつける面積に、プライマーをローラーで均一に塗りつけます。塗りつけたプライマーの上は砂利を塗りつける人以外は入らない方が、周りを汚さないで済みます。砂利練り
    砂利を練り舟に入れて、主剤(ウレタン樹脂)を投入します。今回は18K缶で来ているので、砂利25Kに対して1.25Kを計って混ぜています。1袋づつ、手くわで均一に混ぜ合わせます。リンクストーン
    <練り上がった材料をバケツにとって運び、ちり周り(隅)から塗りつけ厚みをそろえながら鏝でならしていきます。ならし
    ある程度ならしたら、すり定木で8亳にすり平らにしてから、プラスチック鏝で押さえこんでさらに平らにします。このとき、砂利の角が転んで、平らになるように、しっかり押さえこみます。砂利が少ないところは補充して均一な面に仕上げていきます。そのあと金鏝で、砂利が転ばないように均一に押さえこみ仕上げます。この時の注意ですが、金鏝の裏が、皮ばっていると砂利が引っ掛かり、表面が荒れてしまいます。灯油または塗料用シンナーを含ませたボロキレで鏝裏を拭いてから押さえると、うまくいきます。鏝押さえ
    樹脂が硬化する前なら、灯油または塗料用シンナーで、道具は洗えますが、いったん硬化すると落ちません。硬化した時は、洗浄シンナーかラッカーシンナーが必要です。途中休憩は10分以内ですませる方が、塗り接ぎが出来なくてうまくいきます。塗り接ぎ
    お昼休みのときは、いったん切って塗り接ぎが必要です。定木などを当てて塗り接ぎが必要です。施工前にあらかじめ、塗り次の位置をきめておいてから作業に入り、そこまでは連続して仕上げてしまう方がいいです。塗り接ぎ
    今回は、使いませんでしたが、あらかじめ目地棒をいれておく方法もあります。
    養生
    硬化前に人が入らないようにバリケードしましょう。翌日には上がれます。

    セメントによる玉砂利の洗い出しは、このブログ内、
    こちらで紹介しています→玉砂利の洗い出し施工方法

    左官道具(プロ職人用鏝)西村金物店
    | 左官工事 | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    RECENT COMMENT
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS