CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
楽天で探す!!
楽天で探す
楽天市場

訪問者 2011.4/28~
オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters


  
ヤマケイおすすめ最強セキュリティソフト
シマンテックストア
月々707円掛かりますが、壊れたら数万円です。重要なデータ・ファイルが消失する場合もあります。ウイルス対策・スパイウエアー対策・ポット対策・個人情報流失防止・不正侵入防止・フィッシング対策・パフォーマンスの最適化・バックアップもしてくれます。世界中で2人に1人使っている最強ソフトで備えれば安心です。


超人気のあの「ワンピース」を一気に読破したい・・・ 昔好きだったあのマンガを自宅でゆっくり読みたい・・・ 今話題のシリーズを抑えておきたい・・・そんな希望をかなえられる大人買いの老舗


一人の時間をだれにも邪魔されずにいつでも楽しめる!これからは電子書籍ですね!
↓↓↓

読みたい作品が揃う!!ひかりTVブック




光は早い!安い!お宅はまだですか?

にほんブログ村










MOBILE
qrcode
2013年長野県伊那地方松茸マツタケプチ情報10/17
0
    JUGEMテーマ:山菜
    台風26号による大雨で関東沿岸、特に伊豆大島は甚大な被害が出ました。いまだ行方不明者がたくさんいます。ここ長野県上伊那地方は台風による被害は下伊那地方ほど被害は出ませんでした。下伊那地方はリンゴの落下による農業被害が出ました。この台風の大雨で、キノコの出る山もしっかり水分補給はできました。今朝少し期待して、山に入りましたがキノコはまったく出ていませんでした。キノコの時期に間に合わなかったようです。松茸も一週間ほど前から、新規に出てくる感じもなく今日もまったく出ていなかったので、今季は松茸終了のようです。今季を振り返ると初日9/22からスタートダッシュよく採れて、あと数は少なめですが安定して一定量が10/10頃まで採れました。それ以降は失速して数が減っていき10/15頃採れなくなりました。松茸とれた期間約3週間でした。この間休まず採れ続けたのも特徴的です。年によっては、途中取れなくなる期間があるときもありますから。10月いっぱい採れる可能性はあるので数日後、あと一回は山の様子を見たいと思います。
    | 松茸情報(長野県伊那) | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
    2013年長野県伊那地方松茸マツタケプチ情報10/10
    0
      JUGEMテーマ:山菜
      今朝の松茸の採れる山は、昨日の雨の影響はほとんどなく、カサカサ乾燥していました。まとまった降雨がないと影響ないようです。初日〜ずっと採れ方も非常に安定していましたが、ここ数日は徐々に数は減ってきていますので、ピークは過ぎたようです。全体的には、今年の取れ方は非常に安定しているといえます。雨がほとんどなくてもマツタケはとれるんですね。マツタケの天敵はやっぱり高温ですね。去年がその例で、シーズン初めにとれただけでまったく取れなくなってしまいました。雑きのこは逆に、雨がたくさん降っていれば高温でも出ます。今年の山はシーズン初めに雑茸もマツタケもたくさん出ましたが、その後雑茸は、ぱったり出なくなり、松茸だけ一定して出ています。気温と、降雨のバランスできのこの出方がまったく違ってきます。面白いですね。毎年条件が違うので採れ方も違うんですね。雨がこの後たくさん降ると・・・どうなるのか興味津々です。
      | 松茸情報(長野県伊那) | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
      2013年長野県伊那地方松茸マツタケプチ情報10/6
      0
        JUGEMテーマ:山菜
        今年のマツタケの採れ方は、数は少なめですが非常に安定しています。初日9/22から10/6まで毎朝一定量ほぼ変わらず採れています。日中の気温も10/2(28度)以外はそれほど高くならなかったのでよかったです。まとまった雨はシーズン中まったく降っていませんが、松茸は順調に出つづけています。今朝傘開きを4本とりました。2010年のマツタケの当たり年以降この場所でマツタケはとっていませんでしたので、今日採れたということは、あの当たり年とほぼ同じ条件であるということでしょうか・・・これで、雨があるとどうなるのか楽しみでもあり、不安でもあります。たくさん取れるか、一気に出て終了となるか・・・ですね。
        | 松茸情報(長野県伊那) | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
        2013年長野県伊那地方松茸マツタケプチ情報10/5
        0
          JUGEMテーマ:山菜
          今朝4時起きして雨がぱらつく中、山に入りました。なんと、すでに1人懐中電灯で松茸を探している人がいました。私が山に入った時間は4時半、松茸山に入ったのが5時過ぎでした。「とれたかい〜?」と私が聞くと「無いね・・小さいのが1本とれただけ」と言って見せてくれました。小指サイズでした。でも、私にはそれでわかります。それ以上の大きさのものを数本とっていること、それと取り残しがまだあることを。彼も、数か所「城」を知っているようです。私は、毎朝来ているので、どこにどれだけどの大きさのマツタケがとれるかわかっています。彼が入った後を、下のほうからいつものように見ていくと、ちゃんとあります。これは、彼の知っている以外の「城」を知っているからです。マツタケ取りは、この「城」を知らないと、取れません。柴(シバ)の下のマツタケは見えませんが、松茸があると微妙にシバが変化します。この変化は毎日見ていないと気が付きません。なのでマツタケ取りは毎朝いかないとだめなのです。もし、小さなマツタケがあれば、そのマツタケがわからないようにしてあげます。そして、2〜3日するともっこり成長して大きくなっているのです。これを取るのです。なので、たまに来る方にはこれはわかりません。「城」がわからないようにするために、毎朝いく必要があるのです。
          | 松茸情報(長野県伊那) | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
          2013年長野県伊那地方松茸マツタケプチ情報10/2
          0
            JUGEMテーマ:山菜
            今年は9/22に初めてマツタケ山へ入りました。マツタケのできはじめる時期は、朝の気温が14度以下が3日以上続いてからさらに3日目頃からです。毎日朝の最低気温をチェックしていましたので、ドンピシャ!出ていました。初日にしてはまずまずでした。以後毎日山に入っています。毎朝出ています。たくさん出てはいませんが、まずまずです。雨がまったく降りませんが、夜露が下りているのでそれなりに成長しています。1日に1センチ〜3センチでしょうか・・・逆に雨が降ると一気に成長して、終了というパターンもあったりしますので、数は少なめですが順調に出ています。品質は上々です。気温もそれほど高くならないので虫食いも少ないです。ただ今日のように日中の気温が28度もあるとさすがに心配です。こんな日が3日も続くといっぺんに終了です。そうならないことを願うばかりです。
            | 松茸情報(長野県伊那) | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
            2012年長野県伊那地方松茸マツタケプチ情報10/20
            0
              18日午後〜19日終日にかけて結構“雨”降りましたので、出ているかと少し期待しました。今朝は寒く気温5度まで下がり、ジャンパーを着て山へ登りました。数十か所ある“松茸の城”を見ていきましたが、1本も出ていません。もうこれ以上出てこないのかとあきらめていましたが、1か所小さな傘開きが出ていました。これが出てくるとマツタケも終盤です。他一か所の城には小さなマツタケ3本出ていました。これを見るとまだ出てきそうな感じですが、全体的にはマツタケが出ていませんので、もうこれ以上出てくる感じではなさそうです。山全体でも、出てきてもほんの数本でしょう!今年のマツタケはほとんど出ないで今季は終わりのようです。たくさん出る当たり年もあれば、こういうほとんど取れない年もあるということです。今年はどうやら“はずれの年”のようですね(>_<)
              | 松茸情報(長野県伊那) | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
              2012年長野県伊那地方松茸マツタケプチ情報10/13
              0
                JUGEMテーマ:山菜
                今朝も肌寒く、山を登っても汗が出ません。マツタケは10/4以後1本も出ていません。雑茸もほとんど出ていない状態です。その要因は、朝涼しくても、日中の気温が平年より高めで菌が腐ってしまう。そもそも菌を成長させるのに不可欠な水分補給の降雨がないので菌が繁殖しない。夜露だけでは不十分です。ダブルパンチです。このまま雨が降らないとシーズン終わってしまいそうです(>_<)松茸山に散水できる設備のあるところは、収穫していると思いますが・・・。松茸とる人は、朝暗いうちから山に入って採ります。これは、茸は夜成長しているからです。ちなみに、シーズン中、松茸は毎夜1センチくらい成長しています。雨が降ると、3センチくらい成長します。いかに雨が大事かお分かりかと思います。
                | 松茸情報(長野県伊那) | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
                2012年信州伊那地方松茸マツタケプチ情報10/11
                0
                  JUGEMテーマ:山菜
                  今朝、数十か所あるマツタケの「城」のうち、出ていたのはたった2か所。例年だと10月中旬は最盛期から終盤です。今とれないとこのまま終わってしまうかもしれません。雨に期待ですが、当分降りそうにありません。霜が来るとマツタケは腐ってしまいます。それで収穫時期も終了です。しかも今朝収穫のマツタケは5本中2本虫食いでした(>_<)雑茸もほとんど見かけません。あっても虫食いが目立ちます。自然のものですからしょうがないですね(^_^;)山でこんな光景を目にしました。hikigaeru
                  10センチくらいのヒキガエルでした。別の山ですが、数十年前に30センチくらいの大物に、出くわしたことがありました。その時は、さすがにびっくりしました!(^^)!ぴょんぴょん跳ねるのではなく、足を交互に動かしてのそのそ「歩く」と言った感じでその行動が妙でした。
                  | 松茸情報(長野県伊那) | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  2012年信州伊那地方松茸マツタケプチ情報10/5
                  0
                    JUGEMテーマ:山菜
                    今朝、山を登り始めて「まだはじまらないかなぁ?」と松茸の出る山を目指していると、道端にあわ茸(アミタケ)が少し出ていました。松茸とあわ茸はリンクしていてほとんど同時に発生するので、期待して松林に入っていきました(^_^;)「うーんまだ出ていないのかな・・・」数十か所出るマツタケの城(しろ)を端から見ていきましたが、どうやらまだの様子。一番出る城のところでもやっぱりまだの様子(>_<)がっかりしているとちょっとだけ、ふくらみが2か所あるのを発見\(^o^)/!
                    小さいけれど虫食いのようなので置いといてもいずれ腐ってしまうのでとってきました。小さいほうは虫に中まで食べられて腐っていました。あと、もう一か所で2本合計4本とりました。今年の初物です。
                    毎年のことですが、シーズン初めのマツタケは、虫食いが多く腐りも早いので商価値はありません(>_<)アルミ箔にくるんでから、ジップロックに入れて冷凍しました。
                    向かって、タバコの右4本が松茸。その右側があわ茸です。上は、リコウボウです。あわ茸とリコウボウは洗って、みそ汁の具になりました(^_^;)このまま秋の平均気温が続き、雨が降ればキノコがどんどん採れるようになって来ると思います。
                    | 松茸情報(長野県伊那) | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    2012年信州伊那地方松茸マツタケプチ情報10/2
                    0
                      JUGEMテーマ:山菜
                      JUGEMテーマ:秋の気配
                      10/1日夜半から未明に台風通過しました。長野県は大きな被害はなかったですが、全国各地で被害が出ました。マツタケと台風とは大きく相関関係があります。とくに夏に台風が数回通過して、雨・風が強いとマツタケはたくさん出るようです。単に雨がたくさん降る豪雨より、風を伴う台風のほうがマツタケの成長を促進させるようです。これは、松ノ木が大きく揺れることによって根が活性化され、その根に寄生するマツタケの菌も活性化されるようです。その証拠に、豪雨ではなく台風の当たり年はマツタケも当たり年です。ただし、早い時期にマツタケが異常発生した時は、虫がつきやすく、腐りやすいです。なかなかうまくいきませんね。ちなみに今朝(10/2)の山の様子ですがまだ始まっていませんでした。雑茸もまったくありませんでした。
                      マツタケにとっての好条件とは
                      ◆夏、台風が複数回通過すること。
                      ◆夏、頻繁に夕立があること。
                      ◆秋、朝の最低気温14度以下が3日以上続き、マツタケの出るスイッチが入ってから、残暑がなく地温が25度以上にならないこと。(スイッチが入ってから、25度以上地温が上がると以後まったく出なくなります。すでに出ているマツタケは腐ります。)
                      ◆シーズン中の適度な降雨。

                      以上がすべてそろえば大豊作の当たり年になります。
                      人工栽培がまだ確立化されていないので、希少価値が高くことに、国産物となると非常に高価です。中でも兵庫県丹波地方のマツタケが有名ですが、実は長野県が全国1位の出荷量を誇っています。味も負けていません。マツタケを選ぶポイントですが、香りが強いのが傘開きです。つぼみは香りは少ないです。中間の半開きがにおいもあり、食感も傘開きより柔らかく高級とされています。値段は当然つぼみ〜半開きが高く、傘開きが値は下がります。たとえば、香りを出すのに傘開きを使ってお吸い物やマツタケご飯のお出しをとり、お椀に入れるのはつぼみにすればgoodです。つぼみのその食感は傘開きや半開きにはないとても柔らかく、かつ、こりこりとした食感で、食通をもうならせるものです。つぼみは山に残して、3〜4日すれば倍以上になってくるところですので本来とらないものです。市場にはほとんど出回らないです。小さなつぼみだけで調理すると香りが少ないので注意してください。つぼみは食感を楽しむものなのです。
                      ブログ内→松茸調理方法
                      | 松茸情報(長野県伊那) | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      | 1/2PAGES | >>
                      RECENT COMMENT
                      LINKS
                      PROFILE
                      OTHERS