CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
楽天で探す!!
楽天で探す
楽天市場

訪問者 2011.4/28~
オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters


  
ヤマケイおすすめ最強セキュリティソフト
シマンテックストア
月々707円掛かりますが、壊れたら数万円です。重要なデータ・ファイルが消失する場合もあります。ウイルス対策・スパイウエアー対策・ポット対策・個人情報流失防止・不正侵入防止・フィッシング対策・パフォーマンスの最適化・バックアップもしてくれます。世界中で2人に1人使っている最強ソフトで備えれば安心です。


超人気のあの「ワンピース」を一気に読破したい・・・ 昔好きだったあのマンガを自宅でゆっくり読みたい・・・ 今話題のシリーズを抑えておきたい・・・そんな希望をかなえられる大人買いの老舗


一人の時間をだれにも邪魔されずにいつでも楽しめる!これからは電子書籍ですね!
↓↓↓

読みたい作品が揃う!!ひかりTVブック




光は早い!安い!お宅はまだですか?

にほんブログ村










MOBILE
qrcode
いまさら聞けない家庭料理の基礎
0
    JUGEMテーマ:おうちごはん
    料理本などでたぶん書かれていないと思う、ごく初歩的なことを紹介しています(^_^;)
    人にはいまさら聞けない家庭料理の基礎など、まとめてみました!(^^)!

    1、料理の下手な人はいない
    2、ご飯の炊きかた
    3、鍋のスープの作り方
    4、朝の定番!豆腐とわかめのお味噌汁
    5、簡単ヘルシーおいしい一夜漬けの作り方
    | いまさら聞けない家庭料理の基礎 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
    5、簡単ヘルシーおいしい一夜漬けの作り方
    0
      JUGEMテーマ:おうちごはん
      あけましておめでとうございます
      今年もよろしくお願いいたします

      今年の第一回ですが簡単おいしい一夜漬けの作り方です


      ベテランの方は必要ないかと思いますが
      ここは基礎コーナーですのでお付き合いよろしくお願いいたします

      では作り方です・・・
      用意するものは

      漬けもの容器・おも石

      今回は
      白菜・ダイコン・にんじん・塩漬けの青シソの実・しょうが・味の素・塩
      を使っています


      白菜は5センチほどの幅に縦に切ってから食べやすい大きさに
      3僂曚匹砲兇切りにする

      にんじんは皮をむいて2ミリ位にスライスしてから斜めに
      千切りにする

      大根は皮をむいて3ミリ位にスライスしてから千切りにする

      しょうがは3ミリほどにスライスして皮を取り除いてからみじん切りにする

      白菜・ダイコン・にんじん・しょうが少し・塩ずけの青シソの実少し・味の素少々を
      漬物容器に入れかき混ぜる

      昆布を入れてもいいですが
      味の素の方が簡単でおいしく出来ます







      重石をして半日〜一晩寝かせて出来上がりです



      冬場なら台所の隅で
      夏場なら冷蔵庫で一昼夜〜2日位で上手に漬かります

      塩の量ですが白菜1/4カットで小さじ1位です
      好みで増減してください

      味の素は小さじ1/4くらいです
      今回は塩漬けの青シソの実をそのまま使っていますので

      その分塩を少なくしています
      青シソの実は秋に穂しそをしごきとって

      洗って水けをきってから塩でまぶして
      ジップロック(チャック付き保存用ビニール袋)に入れて

      冷蔵庫
      で保管しておくと年中漬けものにそのまま使えます

      夏はキュウリで作りましょう 

      浅漬け名人を使えば、わずか30分で野菜の旨味たっぷりの浅漬けができあがります。くわしくは下をクリックすると人気急上昇の浅漬け名人の仕組みを説明しています。
      ¥13,800と高額ですが、総合評価4.33の人気商品。今年ブレイクの予感です。電気石タウマリンセラミック製で長〜く使えます。実家にもありますが、塩少々以外使ってないのに、短時間で、うまみと甘みが出てしかも柔らかくなります。ほんとに不思議です。まさにこれは『浅漬け名人』です。

      | いまさら聞けない家庭料理の基礎 | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
      4、朝の定番!豆腐とわかめのお味噌汁
      0
        JUGEMテーマ:おうちごはん
        朝は忙しくてパンとコーヒーというお家が多いと思います
        私も以前はそうでしたが朝はご飯とみそ汁に切り替えました

        健康を考えると
        やっぱりご飯とみそ汁がいいです

        ご飯はゆっくりエネルギーに代わるので腹もちがよく
        お昼まで脳が良く働いてくれます

        みそ汁はお酒を飲まれる方や女性には特にお勧めです
        後半で詳しく説明します

        それでは朝の定番
        短時間で出来るおいしいヘルシーみそ汁の作り方です


        <2人前材料>
        豆腐パック 1/4
        塩蔵わかめ 少し
        長ネギ 6
        味噌 小さじ山1
        本だし 小さじ1/2
        水 350cc
        <作り方>
        みそ汁は煮込むとおいしくありません
        食べる直前にさっと作るのがベストです

        つまり煮込まないと食べれない食材は味噌汁に向きません
        その場合は薄く細く切る必要があります
        大根なら薄くスライスしてから千切りにするとすぐ煮えます

        塩蔵わかめは水でさっと洗いざく切りする
        長ネギは斜めにスライス
        豆腐は角切りに

        鍋にお水を入れて本だしを入れ火にかける
        すぐつづいて
        具ざいをすべて入れてふたをする

        沸騰したらふたを取らずに弱火にしてそのまま
        1分加熱してから火を止めて
        ふたを取らずに余熱で1分〜出来上がり

        みそ汁のおいしい温度は80度です

        火を止めてから1分間〜の余熱で
        煮え具合も温度もちょうど良くなります

        塩蔵わかめから塩分が出ますので
        その分味噌を少なく出来ます

        <いつものウンチク>

        良く血圧の高い方がみそ汁は塩分が多いから
        飲みませんとか薄くしていますといった方がいらっしゃいますが

        みそ汁こそそういった方に飲んでいただきたいものです
        なぜかと申しますと

        余分な塩分を体の外へ排出してくれるカリウムが豊富に含まれるまれているからです
        味噌の主原料は大豆です

        食品の中でカリウムが断トツ多いのは大豆です
        そしてみそ汁の定番豆腐も大豆から作られます
        そしてわかめは非常に多くのカリウムを含んでいます

        まさに高血圧予防のための食品です
        さらに本だしの主原料はカツオです

        カツオも群を抜いてカリウムを多く含んでいます
        なんかうそみたいですね

        高血圧予防にみそ汁を控えているなんて
        逆ですから!

        最先端の医療ではむしろ普通の食事で塩分を取り
        積極的に余分な塩分を排出する療法に代わりつつあります

        味気ないものでは活力がわきません
        食欲は人間の生きていくうえでの根源です

        おいしくないものでは食欲も出ません
        元気の源はバランスのとれた食事

        そして“おいしい”か?・・・ですね!

        そして作る人にも簡単で
        そして環境にもエコ

        そういったすべてが整っていることが
        いいのではないでしょうか・・・?

        *大豆の栄養

        女性ホルモンに似た成分大豆イソフラボンは
        骨粗しょう症や更年期障害を軽減してくれます

        大豆サポニンは抗酸化作用(ガン予防)や
        血液をサラサラ、肝機能障害改善、便秘改善の働きがあります

        レシチンは動脈硬化、脂肪肝予防

        そもそも必須アミノ酸をバランスよく含んでいるので
        体にとても必要なのです
        ビタミンミネラルもたくさん含んでいます

        大豆は日本人の長寿に大きくかかわっているといわれています

        <みそ汁の具>

        今回紹介した以外にも
        油揚げ
        大根
        ホウレンソウ
        かぼちゃ
        ジャガイモ
        しじみ
        アサリハマグリ
        甘エビ
        あおさ(海草)
        とろろ(昆布)
        キノコ類

        などなどこれ以外にもたくさんあります
        みそ汁の良さは

        いろいろな食品で出来るところが
        毎日食べても飽きないところです

        また健康面から考えても
        緑黄色野菜や海草、キノコ、貝といった

        日頃不足しがちな健康機能を調節してくれる
        多種のビタミン・ミネラル・食物繊維を

        摂取できるところにもあります















        | いまさら聞けない家庭料理の基礎 | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
        3、鍋のスープの作り方
        0
          JUGEMテーマ:おうちごはん

           私の身近な人でお鍋を作るのに
          市販の“鍋のスープの素”を買ってきていると聞きました

          買わなくても
          おいしいどんな食材にも合う

          万能のお鍋のスープの作り方教えちゃいます
          あくまで私流ですので予めご了承ください

          それでは用意するものと作り方です

          <2人前お鍋スープ>

          水700cc
          本だし   小さじ平1
          本みりん  小さじ1
          塩      小さじ1/2
          醤油    小さじ1
          みそ    小さじ山2
          だしこんぶ 3×5儖
          にんにく  一かけみじん切り
          しょうが  にんにくと同量みじん切り

          <作り方>

          お鍋に以上を全部入れて
          沸騰させる


          後は食材を入れて煮るだけです

          <食材の例>

          右隅から
          にんにく・しょうがはみじん切り
          にんじんはスライスして細切り

          豚こま切れをさらにざく切り
          大根は皮をむいて薄く輪切りにしてから細切り

          白菜は食べやすい大きさにざく切り
          以上ほんの一例です
          (たまたま冷蔵庫にあったものばかりでした)
          このほかにも

          鳥モモ肉の細切れ
          お豆腐
          も入れるとよりおいしいです

          お豆腐の代わりに
          生揚げ(厚揚げ)を使うとまたおいしいですよ

          また

          生シャケ・かき・エビ・かになどの魚介類を
          それぞれメインにした鍋にも使えます

          鍋は毎日でもいいです
          簡単で経済的ですし後かたずけも楽

          残った汁に冷ご飯をいれて雑炊にしたら2度楽しめます
          ご飯の代わりにうどん・すいとん・もちでもおいしく食べれます

          すいとんは小麦粉に塩少々を加え
          水でドロっとといて沸騰している鍋にスプーンで

          入れるだけです 2〜3分で煮えます

          鍋はレパートリーが一気に広がります
          キムチを入れればキムチ鍋に早変わりです

          余談ですが
          酒カスを初めに少し加えると

          また一味変わった鍋になります
          酒カスは味噌汁に入れてもおいしいです

          鍋っていろいろ試せて楽しいですよ

          初めの調合を少しずつ変えてお好みの味を
          探してみてください

          これも余談ですが

          みりん風調味料のときはアルコールなしですので
          お酒を少し足してくださいね
          | いまさら聞けない家庭料理の基礎 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
          2、ご飯の炊きかた
          0
            JUGEMテーマ:おうちごはん
            2011.12.15追記
            お米は一般的に精米してある
            市販の白米のときとします

            <電気炊飯器の場合>

            炊飯器の釜にお米を計量カップではかって入れます
            (1合は180ccカップ平らに1杯です)

            お米を研ぐとき水を入れてから
            研ぎ終わるまで速やかにすることが重要です

            なぜかというと研ぎ汁がお米の中にしみこんでしまうと
            味が悪くなります

            それとお米を研ぐのに手でごしごし研いではいけません
            お米が傷ついてしまいます

            その傷口から研ぎ汁がしみ込んで味が悪くなります
            ですから優しくしかもすばやく洗わなくてはいけません

            それには誰にも簡単に出来るいい方法があります

            泡だて器を使うと簡単です
            針金の輪が組合わせてあるものです


            ない場合は割り箸を4本〜5本持って手早く洗うといいです
            もちろん手の指先に力を入れて素早くかき回してもいいです

            水をいれたらお釜を斜めにして
            底に当たらないように素早くかき回します(高速10回転)

            (お釜の底に泡だて器が当たると底を痛めてしまいます
            また手でごしごしお米を研いでも底が傷みます)

            白く濁った研ぎ汁がお米にしみこまないうちに
            すぐ捨てるのがたいせつです

            これを3回繰り返します
            最後は研ぎ汁をしっかり切る

            ざるを使うとベストですがそこまでしなくても
            お釜を斜めのして研ぎ汁をしっかりきれば

            だいじょうぶです

            以上お米を研ぎ始めてから研ぎ終わるまで
            短時間で手早くするのが最大のコツです



            お米の合数と炊飯器の目もり(白米)に合わせてお水を入れる

            そして炊くまで最低でも

            30分は水に浸しておくのが大切です
            出来れば朝炊くお米なら前の晩に

            夜炊くお米なら朝研いで水に浸しておくのが良いです
            電気炊飯器ならタイマーでセット出来るので

            大いに利用するのがいいでしょう
            水加減の目盛りは正確に合わせましょう

            電気炊飯器はスイッチが入ってから
            炊きあがるまで約1時間かかります

            蒸らしの時間も含まれていますので
            炊きあがったらすぐにお釜の底から

            かき回して湯気を抜いてあげましょう
            本来ならおひつに移すのがいいんですが

            電気炊飯器はそのまま保温されるので
            一回は湯気を飛ばす作業が必要です

            おひつに移したご飯がおいしいのは
            湯気が飛んでおいしくなるからです

            <ガス炊飯器>

            ガス炊飯器は短時間で炊きあがります
            ですから必ず

            電気炊飯器のときより早く炊ける分
            お米を研いでから30分以上は

            必ず水に浸してから炊きましょう

            炊きあがったら10分はそのまま蒸らしましょう
            そして10分たったら底からかき回しましょう

            炊くのを急ぐときは
            お米をお湯で浸しておくと浸し時間を短縮できます

            およそ15分ほどででお米が全体に白くなれば大丈夫です

            <鍋でご飯を炊く>

            *お米とお水の関係は同量です

            お米1合(180cc)なら
            お水1合(180cc)です

            *お鍋で炊けるお米の最大容量
            1ℓ鍋で1.5合
            2ℓ鍋で3合
            3ℓ鍋で4.5合

            *蒸気が出てからの炊きあがるまでの目安時間
            1合で8分
            2合で10分
            3合で12分
            4合で14分
            5合で16分

            研ぎ終えたお米と同量のお水を入れて
            30分待つ

            ぐつぐつと沸騰したら吹きぼれない程度に
            火力を調整してそのままぐつぐつと煮る

            ぐつぐつする音がなくなり
            ふたがカタカタしなくなり

            しゅーしゅーとかすれた音がしたら
            炊きあがりです

            火を止めて

            ふたをしたまま
            鍋をひっくり返して10分蒸らす

            10分たったら元に戻して
            底からかき混ぜて出来上がりです

            *もしふたが取れなくなったら

            もう一度弱火で加熱すれば
            内圧が上がり取れやすくなります

            <ご飯の盛り方>

            ご飯を盛る時のこつは
            フワっと少しずつ茶碗の載せることです

            決して上から押さえつけないでくださいね

            おいしいご飯のできあがりです!

            <残りご飯の保存・利用方法>

            ご飯が余りそうなときは
            お茶碗一杯分ずつラップにくるんで

            冷凍すると便利です
            次に使うときはそのまま電子レンジで解凍すれば

            ほかほかご飯で食べれます

            冷ご飯はチャーハンや、
            鍋の後の汁に入れて雑炊にするといいです

            余録ですが

            チャーハン作る時は冷ご飯の方がほかほかご飯より
            中華鍋の底にくっつかないで上手に作れますよ


             
            | いまさら聞けない家庭料理の基礎 | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
            1、料理の下手な人はいない
            0
              JUGEMテーマ:おうちごはん

              家庭料理は毎日のことですね・・・
              ご飯とお味噌汁お惣菜は自分で作りたいものです

              『私は料理が下手なんです・・』とおっしゃる
              年配主婦の方に出会いました

              私は謙そんされておっしゃるのかと思っていましたが
              どうやら本当においしい作り方を知らなかったようです

              初めから上手に出来る人もいないけど
              おいしく作る方法を知れば誰でも簡単に

              料理は出来るんだということを知っていただきたいと思い

              作ったのはご飯とみそ汁でした

              『こんなにご飯はおいしいんですね』と目を丸くして
              みそ汁はお代わり2杯していました

              ちょっとしたコツでご飯もみそ汁も
              おいしくなります

              ということで次回から

              <いまさら聞けない家庭料理の基礎>
              というカテゴリーで

              レシピ本にはない
              コツと実践的な内容で

              ご飯の炊き方
              味噌汁の作り方など

              本当に初歩的な基礎の基礎を
              記事にしていきたいと思います





               
              | いまさら聞けない家庭料理の基礎 | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
              | 1/1PAGES |
              RECENT COMMENT
              LINKS
              PROFILE
              OTHERS